アクセラレーターとは?インキュベーターとの違い、プログラムを利用するメリットや流れを解説

47Growth編集部 47Growth編集部

アクセラレーターとは、スタートアップ企業の成長に非常に役立つ存在ですが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

 

ここでは、アクセラレーターとは、どのような面でメリットをもたらすのか、プログラム利用の流れについて解説します。

 

これから事業を拡大させたいと考えている企業は、この記事を読めば役立つでしょう。

 

アクセラレーターとは?

アクセラレーターは、今後成長が見込まれるスタートアップ企業をサポートする存在です。

スタートアップ企業に、資金投資や経営ノウハウなどに関するサポートを行います。

 

多くの団体やプログラムが存在するので、これから事業の拡大をはかりたい起業家は、この記事の情報をぜひ役立ててください。

 

 

インキュベーター、ベンチャー・キャピタルとの違い

インキュベーターもアクセラレーターに似ていますが、対象企業をサポートする時期が異なります。

また、投資を目的としたベンチャー・キャピタルにも支援は受けられますが、経営に介入されることが多い点でまったく違います。

 

以下の表に違いをまとめてみました。

 

【アクセラレーター、インキュベーター、ベンチャー・キャピタルとの違い】

アクセラレーター インキュベーター ベンチャー・キャピタル
目的 イノベーションの実現 イノベーションの実現 投資
対象 シード期以降のスタートアップ企業 シード期以前のスタートアップ企業 未上場企業
支援期間 数週間~数か月 数年~期限なし 数年~期限なし
選考方法 公募 企業間の推薦 ファンドへの応募
プロセス アクセラレーターがビジネスプランを公募し、採用された企業に支援を行う 企業から推薦されたビジネスプランを対象として支援を行う 出資や支援を受けられるが、経営判断にも介入を受ける
自由度 高い 低い 低い

 

上記の表のとおり、プログラムの対象となるのは、経営がある程度安定し始めたスタートアップ企業です。

インキュベーターやベンチャー・キャピタルとは、目的や対象、期間などが異なることがわかります。

 

またほかの2つとは違い、アクセラレーターを利用しても対象企業は自由度が高く動けるのも大きな特徴です。

 

 

スタートアップ企業の成長には、アクセラレーターからの支援が重要!

シード期が終わり、成長期に差し掛かったスタートアップ企業は、今後成長していきたいと考えているはずですよね。

 

スタートアップ企業は、そのタイミングでアクセラレーターを利用することで、効率的に成長が可能です。

また、ベンチャー・キャピタルの支援を受けるよりも、企業として自由度の高い経営ができるのも大きなメリットの1つ。

 

このように、アクセラレーターからの支援を受けることで、スタートアップ企業にとって大きなメリットがもたらされます。

 

 

スタートアップ企業を支援する「アクセラレーター・プログラム」のメリット

プログラムによりメリットを得られるのは、スタートアップ企業側だけではありません。

支援をする側にもメリットがあるため、お互いがWin-Winの関係を築けるのも大きなメリットの1つです。

 

それぞれのメリットについて、解説していきましょう。

 

 

アクセラレーター側①:イノベーションを起こせる可能性が高まる

大手企業がアクセラレーターになることが多いのですが、それは大手企業としての課題を解決したいからです。

 

大手企業はすでに長い間事業を拡大し続けており、そう簡単に新たな事業に着手したり、体制を変えたりできません。

そこで、スタートアップを支援することでイノベーションを起こし、大手企業としての課題を解決できるのです。

 

小回りが利き、新しいことを始めやすいスタートアップ企業を支援することで、大手企業側にも必要なイノベーションを起こせるわけです。

 

 

アクセラレーター側②:社内の安定志向を改革できる

アクセラレーター側は経営が安定していますが、その安定志向が強すぎると、これ以上成長が望めない弊害もあります。

そこで、スタートアップ企業を支援してイノベーションを起こせば、大手企業の既存路線や安定志向を打破できる可能性があります。

 

 

アクセラレーター側③:新しい利益獲得手段が手に入る

支援したスタートアップ企業が事業を拡大していけば、将来的に投資して利益を得られる可能性もあります。

 

支援したスタートアップ企業の価値が高まれば高まるほど、今後投資することで得られるリターンが大きくなります。

 

 

スタートアップ側①:企業の信用度が上がる

すでにご説明しましたが、アクセラレーターになるのは大手企業なので、スタートアップ側としては企業の信用度が上がります。

 

いくら成長を続けている企業でも、社会的信用があるのとないのとでは大きく違います。

あの大手企業がついているなら、と取引を受け入れる企業やパートナーになってくれる企業も増えるでしょう。

 

スタートアップ側②:リソース不足を解消できる

大手企業がつくことで信用度が上がった結果、企業からリソースの提供を受けられることもあります。

 

スタートアップ企業は起業して間もないため、人材やリソースが不足していることが多いです。

「リソースさえあれば成長させられるのに」という、起業して間もないスタートアップにとって、大きな助けになるでしょう。

 

スタートアップ側③:大手企業から資金援助を受けられる

知名度の低いスタートアップ企業はなかなか出資を受けられませんが、アクセラレーターがついていることで出資してくれる企業が現れる可能性が高まります。

 

「資金繰りがうまくいけば、事業を拡大できるのに」という悩みも、これで解消できるでしょう。

 

 

アクセラレーター・プログラムの流れ

プログラムの具体的な流れについてご説明します。

 

①ビジネスプランの募集

アクセラレーター企業がビジネスプランを公募し、時には説明会が行われることもあります。

スタートアップ側は公募内容をもとに、ビジネスプランを作成して応募します。

 

②選考

アクセラレーター側は集まったプランを先行し、成長が見込める企業はどこなのかを選考します。

 

③マッチング

お互いにメリットがあるかどうかを検討します。

お互いの利害が一致すればマッチングは成立し、協議に入ります。

 

④出資、支援プログラムの開始

協議が終わり、お互いの事業方針が一致したら、アクセラレーター側からスタートアップ側の支援が開始されます。

出資が行われ、支援プログラムの開始です。

プログラムが円滑に実施できるのか、実証実験が行われることもあります。

 

⑤成果の発表

支援プログラムの結果、成果が出たかどうかが発表されます。

その結果をもとに、今後支援を継続するかどうかが決められます。

 

⑥フォローアップ

発表された結果から、適切なフォローアップが行われます。

 

⑦継続的な支援を決定

結果が良好であり、今後も成長が見込めると判断された場合は、継続的な支援が決まります。

 

 

まとめ

この記事では、アクセラレーターとは何か、どのようなメリットが得られるのか、プログラムの流れなどについて解説しました。

 

シード期を過ぎたスタートアップ企業がアクセラレーター・プログラムを受けることで、支援するほうにもされるほうにも大きなメリットがあります。

小回りが利かず、変化が難しい大手企業のアクセラレーター側にイノベーションをもたらし、スタートアップ側は支援を受けられます。

 

アクセラレーター・プログラムの公募情報をチェックして、説明会などにも積極的に参加し、自社に合ったプログラムを探してみるとよいでしょう。

 

47Growthへ登録すると、スタートアップに関連したニュースやプロダクトを投稿できます。

 

スタートアップ企業に関する情報に興味がある方は、ぜひ登録してみてください。

47Growth編集部
47Growth編集部

佐賀県基山町字宮浦

地域創生アクセレーター、オープンイノベーションを運営する「47Growth編集部」の公式アカウントです。全国のスタートアップや地域創生にかかわる自治体などとのマッチング、オープンイノベーションなどを展開していきます。
将来的には台湾、香港、中国、インドネシアなどアジア圏のスタートアップとの連携も目指しています。

イベント

佐賀県

自治体オープンイノベーション「GAPs SAGA/DEMODAY」開催報告!

47Growth編集部

2022.03.28

イベント

【KDDI×Tencent Cloud】バーチャルヒューマンが提案する未来体験...

47Growth編集部

2022.03.22

イベント

福岡県

福岡県の自治体オープンイノベーション「GAPs FUKUOKA」 3/25...

47Growth編集部

2022.03.17

マネジメント

ハッカソンとは?意味や種類、開催するメリットをわかりやすく解...

47Growth編集部

2022.03.11

イベント

佐賀県

「GAPs SAGA」 3/23(水)14時から、採択事業者7社による企画プ...

47Growth編集部

2022.03.09

マネジメント

スタートアップ企業の成長ステージとは?4つの段階について詳しく...

47Growth編集部

2022.03.09

マネジメント

スタートアップ・エコシステムとは?政府の取り組み、日本国内の...

47Growth編集部

2022.03.07

マネジメント

ピッチイベントとは?参加するメリット、日本開催のコンテストを...

47Growth編集部

2022.03.03

サムネイル

マネジメント

コーポレートアイデンティティ(CI)とは?意味や役割、策定方法...

47Growth編集部

2022.03.01

イベント

【無料ウェビナー2/28(月)】第17回みんなの観光サミット参加者...

47Growth編集部

2022.02.08

イベント

佐賀県

佐賀県初・自治体オープンイノベーション「GAPs SAGA」 全国のス...

47Growth編集部

2022.01.05

イベント

【無料ウェビナー1/28(金)】第16回みんなの観光サミット参加者...

47Growth編集部

2021.12.24

ファイナンス

海外

スマートホーム向けIoT機器の「Aqara」が約180億円を調達、シャオ...

47Growth編集部

2021.12.13

インフォメーション

アクセラレーターとは?インキュベーターとの違い、プログラムを...

47Growth編集部

2021.12.10

イベント

【無料ウェビナー12/24(金)】第15回みんなの観光サミット参加者...

47Growth編集部

2021.12.02

インフォメーション

スタートアップとは?メリットや注意点、ベンチャーとの違いまで...

47Growth編集部

2021.12.02

インフォメーション

オープンイノベーションとは?種類や特徴、導入するメリットまで...

47Growth編集部

2021.12.01

イベント

【12/16(木)セミナー開催】日中メタバース最前線~ビジネスの観...

47Growth編集部

2021.11.26

カフェ、ジム、ホテル…「空間を運ぶ」スケボー型EV車台 PIX Movingが開発

プロダクト

カフェ、ジム、ホテル…「空間を運ぶ」スケボー型EV車台 PIX Movi...

株式会社 36Kr Japan

2022.05.11

インフォメーション

ホワイトニング比較情報サイト「Whitening Media」開設のお知らせ

LISH株式会社

2022.04.28

人材不足の中国外食業界、調理ロボが脚光 コスト削減も

プロダクト

人材不足の中国外食業界、調理ロボが脚光 コスト削減も

株式会社 36Kr Japan

2022.04.14

無人店舗ソリューションの「クラウドピック」が資金調達 日本市場での事業拡大目指す

インフォメーション

無人店舗ソリューションの「クラウドピック」が資金調達 日本市...

株式会社 36Kr Japan

2022.04.13

スマホと連携、血圧を24時間モニタリング可能なウエアラブル端末 疾病リスク低減に期待

プロダクト

スマホと連携、血圧を24時間モニタリング可能なウエアラブル端末...

株式会社 36Kr Japan

2022.04.12

簡単操作の3Dスキャンアプリ「KIRI Engine」、低コストでもリアルな質感を実現

プロダクト

簡単操作の3Dスキャンアプリ「KIRI Engine」、低コストでもリアル...

株式会社 36Kr Japan

2022.04.11

イベント

JETROと36Kr Global、日系大手と中国スタートアップを繋ぐオンラ...

株式会社 36Kr Japan

2022.04.11

イベント

【KDDI×Tencent Cloud】バーチャルヒューマンが提案する未来体験...

47Growth編集部

2022.03.22

マネジメント

ハッカソンとは?意味や種類、開催するメリットをわかりやすく解...

47Growth編集部

2022.03.11

マネジメント

スタートアップ企業の成長ステージとは?4つの段階について詳しく...

47Growth編集部

2022.03.09

マネジメント

農業機械のスマート化、昼夜通して働き生産性向上・人手不足解消に

株式会社 36Kr Japan

2022.03.09

マーケティング

EVの試乗・レンタル・販売に特化する「飛租出行」が資金調達、低...

株式会社 36Kr Japan

2022.03.08

マネジメント

スタートアップ・エコシステムとは?政府の取り組み、日本国内の...

47Growth編集部

2022.03.07

プロダクト

中国に居ながらも日本旅行が体験可能、商品の代理購入も。コロナ...

株式会社 36Kr Japan

2022.03.07

プロダクト

IoT宅配ボックス「PacPort」、インターフォン日本最大手から資金...

株式会社 36Kr Japan

2022.03.04

マネジメント

ピッチイベントとは?参加するメリット、日本開催のコンテストを...

47Growth編集部

2022.03.03

サムネイル

マネジメント

コーポレートアイデンティティ(CI)とは?意味や役割、策定方法...

47Growth編集部

2022.03.01

イベント

【無料ウェビナー2/28(月)】第17回みんなの観光サミット参加者...

47Growth編集部

2022.02.08

ファイナンス

デジタル人民元、北京冬季五輪で大規模運用へ 普及目指し準備着々

株式会社 36Kr Japan

2022.02.08

ファイナンス

バイトダンス、XRグラス開発企業の株式20%取得。メタバース構築

株式会社 36Kr Japan

2022.02.08

ファイナンス

中華専門宅配「HungryPanda」が150億円調達、日本など10カ国で事...

株式会社 36Kr Japan

2022.02.07

ファイナンス

成長鈍化の中国小型調理家電 新興企業が遠赤外線技術に活路

株式会社 36Kr Japan

2022.02.07

ファイナンス

カロリーデータを可視化。出前弁当「維小飯」、アプリでメニ...

株式会社 36Kr Japan

2022.01.17

ファイナンス

AR試着アプリ「Intoo」、質感やフィット感まで再現 返品率40%減

株式会社 36Kr Japan

2022.01.14

ファイナンス

AIで店舗運営効率化、小売りDX企業が資金調達。メタバース時代視野

株式会社 36Kr Japan

2022.01.13

ファイナンス

ドローン物流、医療分野で活躍 血液製剤や臓器の運送可能に

株式会社 36Kr Japan

2022.01.04

イベント

【無料ウェビナー1/28(金)】第16回みんなの観光サミット参加者...

47Growth編集部

2021.12.24

インフォメーション

アクセラレーターとは?インキュベーターとの違い、プログラムを...

47Growth編集部

2021.12.10

イベント

【無料ウェビナー12/24(金)】第15回みんなの観光サミット参加者...

47Growth編集部

2021.12.02

インフォメーション

スタートアップとは?メリットや注意点、ベンチャーとの違いまで...

47Growth編集部

2021.12.02

インフォメーション

オープンイノベーションとは?種類や特徴、導入するメリットまで...

47Growth編集部

2021.12.01

イベント

【12/16(木)セミナー開催】日中メタバース最前線~ビジネスの観...

47Growth編集部

2021.11.26

会員数1000人突破

インフォメーション

メディコム株式会社、ソロキャンパー向け山林レンタルサービス「Y...

メディコム株式会社

2021.11.08

企業における読書による教育研修の効果を最大化するためのアウトプット管理サービス「OutputStock」の紹介

プロダクト

組織で使える読書アウトプット管理サービス「OutputStock」をリリ...

株式会社Swandive

2021.11.05

ローンチ

店舗を軸にした街づくりを総合支援

店舗流通ネット株式会社

2021.10.21

提携

長野県川上村でベトナム食品本格販売 ベトナム人就労者を食から応援

店舗流通ネット株式会社

2021.10.21

イベント

【無料ウェビナー10/28】第13回みんなの観光サミット参加者募集!

一般社団法人トラベルテック協会

2021.10.17