bravesoft株式会社

bravesoft株式会社

東京都 港区 4-13-2 田町フロントビル6F

https://www.bravesoft.co.jp/

DX

サブスクリプション

マーケティング・リサーチ

コンサルティング

販路拡大

自社の特徴

スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い「ボケて」「TVer」「首相官邸」「31アイスクリーム」など、これまでに800件以上・累計1億ダウンロードを超える実績を誇るテック企業です。今後は、WEB×アプリでイベントを一元管理できるプラットフォーム「eventos」を展開。最新のテクノロジーを活用して、イベント体験に革命を起こすeventech(イベンテック)の実現を目指しています。

基本情報

企業名 bravesoft株式会社
所在地 東京都 港区 4-13-2 田町フロントビル6F
資本金 550000000
従業員数 150
設立年月日 2005/4/4
沿革 2005年
有限会社ブレイブソフト 三田で創業

2006年
株式会社ブレイブソフトへ組織変更
中国成都でのオフショア開発事業開始

2009年
スマートフォン業界へいち早く挑戦

2011年
「虚構新聞アプリ」や「Appvisorシリーズ」など自社事業の展開を本格化
30名規模になり、オフィスを田町駅前に移転

2012年
「首相官邸アプリ」や「ARエヴァンゲリオン」など、話題となるアプリを多数手がける
自社サービスの「ボケて」がヒット

2013年
ベトナムホーチミン、中国北京に進出。100名超のグループに成長

2014年
北京に子会社の「北京勇軟博盛科技有限公司」を設立

2015年
オフィスを田町フロントビルへ移転
Appvisor Event、Appvisor Stampの製品発売開始

2016年
コーポレートサイトをリニューアル
新卒採用を開始し、新卒1期生が入社
「Appvisor Event」のサービス名を「eventos」に変更

2017年
AppleWatch対応アプリ「LiarBeats」のリリース開始
お笑い動画配信No.1アプリ「お笑いTV」のリリース

2018年
ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム ISMS)取得
資本金1億円を調達
コーポレートロゴを変更
島根県にニアショア拠点「ブレイブスタジオ」を設立

2019年
「ゲーマー向け共通プラットフォーム」COMリリース
リアルタイムアンケートサービス「Live!アンケート」リリース
グッドデザイン賞2019受賞

2020年
会社名をbravesoft株式会社(bravesoft inc)に変更
4.0億円の資金調達を実施
YouTubeチャンネル「つよつよちゃんねる」開設
大連に子会社の「勇敢軟件科技(大連)有限責任会社」を設立

2021年
7.0億円の資金調達を実施
株主 株式会社マイナビ
株式会社ベクトルグループ
株式会社ベネッセホールディングス
株式会社バリューデザイン
三菱UFJキャピタル株式会社
朝日メディアラボベンチャーズ株式会社
ディップ株式会社
株式会社コングレ
株式会社IWAI
株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ
イノベーション・エンジン株式会社
株式会社VOYAGE VENTURES
岡三キャピタルパートナーズ株式会社
名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社
近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社
株式会社Prime Partners
役員 代表取締役CEO |菅澤 英司
取締役 |清田 耕一朗
取締役CDO |青木 意芽滋
執行役員CTO |池田 純康
執行役員 |伊藤 伸博
執行役員 |西村 航
WEBサイト https://www.bravesoft.co.jp/
SNS https://www.facebook.com/bravesoft.inc

プロダクト・サービス

eventos

eventos(https://eventos.tokyo/)はオンラインイベント・リアルイベント双方に対応可能なイベントの公式WEB・アプリを短期間で作成、公開可能なプラットフォームです。

<特徴>
初期費用30万円・月額10万円~のライセンス使用料だけで、イベントWEBサイト・アプリの立ち上げ、参加申込から受付管理、ガイド情報やアンケートなど様々な機能を活用頂けます。
プログラミングの知識不要で管理画面(webページ)からブログ感覚で情報更新が可能です。

<機能>
「チケット・来場申込」「情報収集」「マッチング」など、イベント前に使える機能から、「スケジュール」「ガイドマップ」「待ち時間チェック」のような、イベント当日のストレスを軽減する機能、「スタンプラリー」「リアルタイムアンケート」など、イベントを盛り上げる機能、イベント後の「アンケート」「分析」など、次回のイベントをより良くするための機能を備えています。また、オンラインイベントに関しましても「ライブ配信」「オンラインMTG」「オンラインチャット」などの各種機能も搭載しております。

<実績>
世界3大ゲームイベント「東京ゲームショウ」や「東京モーターショー」「東京ガールズコレクション」。アジア最大規模の福祉機器・用品の展示会「HCR(国際福祉機器展」、アジア最大のコーヒーイベント「SCAJ」、日本各地で毎週開催されるミニ四駆大会「TAMIYAパスポート」、最近ではオンライン展示会・オンライン株主総会、オンライン合同説明会など、大規模イベントから企業のプライベートショーまで、リアルイベント・オンラインイベント・ハイブリッドイベントと多岐に渡るイベントの公式アプリとして、これまでに100を超えるイベント・累計100万人以上のユーザーに利用されています。

Live!アンケート

Live!アンケート(https://enquete.eventos.tokyo/)は様々なイベントやセミナー、ライブ配信等で活用できるリアルタイムアンケートシステムです。

<特徴>
説明書いらずで誰でも簡単に運用できるUIとなっており、イベント運営者はアンケート作成もシンプルで「投票」「Q&A」「クイズ」を選択して設問を設定するだけで、すぐに利用する事ができます。
アンケートへの回答も「QRコード読み取り」「URLの入力」「パスコード入力」だけで会員登録やアプリインストールが不要で、手軽に回答する事が可能です。

<活用シーン>
・コロナウィルスの影響で社内会議をリモート会議に変更を検討されている企業様
・気軽にライブ配信をしながら視聴者と双方向コミュニケーションを交わしたい方
・Live配信を盛り上げたい動画配信クリエイター
・社員全員を巻き込んだ投票やQ&Aセッションを盛り上げたい時
・質疑応答の時間にシーンとならないよう、コール&レスポンスを創出したい時
・上記のようなイベントの企画提案をご検討される時
・配信時に視聴者とインタラクティブなコミュニケーションを取りたい時
・アンケートの用意、回収などコスト効率を最大化したい時

ビジョン・理念

<経営理念>
1. 新しいものへの果てしない挑戦
2. 挑戦による社会貢献
3. 楽しむ

<brave spirits(行動憲章)>
bravespiritsはbravesoftグループのメンバーが最も尊重する行動指針をまとめたものです。会社の規模が大きくなるにしたがって多様な価値観を持つ人材が集まってきます。挑戦か安全か、組織か個人か、価値観は人それぞれですが、チームとして大きな目標を掲げ達成に向けて団結して突き進むためには、全員がおなじ価値観を共有し迷わずに行動していく必要があります。そのために当社ではメンバーの意見をもとにbravespiritsを定め、全員が署名し大切に遵守しています。

すべては勇気
迷ったら挑戦
上を目指す
一生勉強
プロ意識
魂を込める
期待を超える
自立他尊
チームワーク
ポジティブ主義

資金調達実績・ラウンド 

2018/5/31/
https://www.bravesoft.co.jp/news/press/2018/392/

2020/3/26
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000054681.html

2021/10/5
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000054681.html

記事がありません